どうも皆さん今晩は。

お宮のたかすぃ~でございます。

遂に人妻イチャイチャパラダイスも最終話を迎えます。

感動のフィナーレと相成るのか。

それともくだらないオチで終わるのか。




さあ、それではスタートです。








目が覚めると見知らぬ天井が広がっている。


そうでした。

私はコロッケ十円之助師匠のご自宅にお泊まりしていたのでした。

なんて清々しい朝でしょう。

嫁に枕で叩き起こされることも、

子供にジャンピングニードロップされることも無くゆっくり寝たのは数年ぶりです。

時計を見るとAM9:00


少し寝過ごしました。

コロッケ師匠が起きていたら申し訳ないと思い慌てて一階に降りて行きましたがコロッケ師匠はまだ就寝中で、奥様一人だけでした。


コロッケ師匠が寝ているのを良いことに奥様と朝の挨拶と熱い抱擁とおはようのチューを済ませます。





師匠、嘘です。ごめんなさい。



歯磨きをしているとコロッケ師匠が起きてきました。

何だか顔を合わせるのが恥ずかしいです。


恋人と迎えた初めての朝の気分でした。





さて、美味しいコーヒー飲みながら一服です。




そのあと宇宙一大ヤッコ水槽を眺めます。







ため息しかでません



美しい…




人魚ですら住める究極の聖水です。


ここまで綺麗だと汚したくなるのが人の常。

コロッケ師匠にバレないように東京湾から運んできた水を少し混ぜておきました。


どうか病気蔓延しますように!





嘘です。師匠、ごめんなさい。





さて、時間もいい頃合いです。


今日は『RED SEA MAX!』というブログをやっている楽々屋さんの家に水拝に行きます。


早速師匠のキャデラックに乗り込み楽々屋邸へと向かいます。


到着すると楽々屋さんがお出迎え。

どうも昨日ぶりです。


ズカズカ家に上がりこむと、


IMG_4690_R.jpg


IMG_4707_R.jpg


なんとファンタジー。




男のロマンです。


隅から隅まで趣味で固められた秘密基地のような一室がありました。


水槽は勿論の事、

PCやオーディオ。


CDラックにはまるでTSUTAYAのようにアルファベット順並べられたCDがビッチリ並んでいます。


なんて羨ましい。


ここで水槽を見ながら誰にも邪魔されることなく寛ぐって訳ですね。



なんて羨ましいんだ!



壁に設置されたドーシングポンプはLEDで七色に光り輝いています。


まるでディズニーラ◯ドです。


ドーシングポンプを光らせる意味は分かりませんが、男のロマンはビシビシ伝わってきます。


肝心の水槽ですが、


色んな水槽が綺麗に並んでおり、

それぞれジャンルが違います。

メインのREDSEAMAX水槽には美しいサンゴ達と、

これまた美しいケントロピーゲが目に鮮やかです。


そして小型水槽の一本にはパープルのボロカサゴが。

これで生きてるってんだから不思議な生き物です。


そこで師匠がリクエストします。

「餌やってや。」

快く受けた楽々屋さんはおもむろに網を手にするとボロカサゴ水槽の上部に連結された小型オーバーフロー水槽の中にいるデバスズメを追いかけ回します。






え?








その中の1匹を捕まえるとボロカサゴ水槽にぽちゃり。








えぇぇぇー!?








「餌やねん。デバスズメw」












酷い…





酷すぎる…






それまで動かなかったボロカサゴはクルリと身を翻すとデバスズメを凝視しています。




デバスズメには海藻にしか見えないのでしょうか。



ジワジワとボロカサゴに近づいて行くと









バクッ!







一瞬でスカイブルーに輝くデバスズメは姿を消しました。







どうやら関西ではデバスズメは観賞魚ではなく生き餌のようです。





文化の違いですかね。




デバスズメ愛好家の皆様。

決してボロカサゴと一緒にデバスズメを飼ってはいけませんよ。





楽々屋のリクエストで小型水槽の自作ライトスタンドの写真を撮りました。

IMG_4706_R.jpg


売り物かと思うほどのクオリティー。


なんでもジュン・コーポレーションの社長さんに見せるのだとか。



製品化間違いなしな気がします。



楽々屋さんの水拝を終えるとお昼時です。



楽々屋さんのお勧めのお店にご飯を食べに行くことに。



なんでもその店があるのは新世界に続きディープ大阪の代名詞だとか。



その名も


十三。


じゅうさん

じゃないそうです。


じゅうそう

って言うそうです。


地名からして変態です。


しかもションベン横丁なるもの場所には

如何わしいお店が沢山有るらしく、

お昼ご飯と言いつつデザートにチョメチョメが付いてくるのではと期待に胸も◯◯◯も膨れます。


師匠のベントレーに乗り込んだ一行は十三に向けて走り出します。



途中、見慣れたオブジェを発見。


20世紀少年に出てきたあの塔です。

IMG_4727_R.jpg


万博ですね。



見たかったですが、今回はディープ大阪ツアーなので主要観光地は一切禁止です。

コロッケ師匠からは

「USJやら海遊館なんて大阪やあらへん。このツアーこそ大阪の真髄や。」


と言われているので黙って従います。



楽々屋さんは

「大阪に来て新世界と十三を見に行ったら完璧ですわ。」

と言われたので無理やり納得することにしました。



そんなこんなで十三に到着しますと、


おーーー

イチャイチャパラダイスの匂いがプンプンします。


そしてお目当てのネギ焼き屋さんに到着。




お客さんでいっぱいです。

さすが楽々屋さんのオススメ店。


事前に注文してあったので、並んで中に入ると直ぐに出てきました。

見た目はお好み焼きソックリです。

IMG_4741_R.jpg


でもソースじゃなくて醤油とレモン汁がかけられています。

お好み焼きに醤油…


初体験です。


しかもレモン汁。


味の想像が全く出来ません。





一口パックンちょ









う、





う、




美味い!



美味すぎる!




もう大阪に来て粉物しか食べてませんが、そんなの気にならないくらい美味い!



あっという間に1枚食べ切っちゃいました。


お代わりしたかったのですが、皆さん食べ終わりそうだったので我慢です。


しかし美味い…


これだってただ粉焼いただけなのに…


何故大阪は美味いんだ。


不思議です。




さあ、ネギ焼き屋を出た一行はあの、有名なショップに向かいます。


関東の方は通販で御用達。



アクアテイラーズ尼崎店です。




デカイ…


なんかフクロウとかまで売ってます。


水槽もズラーリ。



片っ端から覗き込んで行きます。



コロッケ師匠は早速店長さんと雑談中。


さすが全国ネットの有名人。


テイラーズの店員にまで声を掛けられるとは…


浪速のトムクルーズの名は伊達じゃありません。


楽々屋さんはサンゴ水槽を覗き込んでサンゴを物色しています。


再び師匠の所に戻ると、


「これ、メッチャ綺麗やで。」


師匠が目をキラキラさせています。


水槽に目をやると、眩いばかりのピンクの魚体。



スクリブルドアンティアスです。


ペアでは無いようですが、雌雄揃っています。


しかも、20%オフの文字が。



「コロッケ師匠、これ良いじゃないですか。買っちゃいましょうw」


悪魔の囁きを繰り出します。


「ええなぁ…これ、ええなぁ…買うてしまおうかなぁ。」


悩んでいます。


仕方ない。最後の一撃。



「コロッケ師匠、一期一会ですよ。」





5分後。


コロッケ師匠は袋を2つ満足そうに抱えています。


衝動買い万歳!



楽々屋さんはまだサンゴ水槽と睨めっこしてます。


「楽々屋さん。コロッケ師匠が衝動買いしましたよw」


状況報告をすると、楽々屋さんも店員さんを呼びます。


楽々屋さんもサンゴご購入です。






なんか


そんなに皆んなして楽しそうに買い物してたら




私だって欲しくなりますやん。



でも持って帰れません。



バスで8時間も魚抱えてる訳には行きませんから。



手ぶらの私をみてコロッケ師匠が


「たかすぃ~はん、手ぶらですやんw買い物しませんの??www」


最高に嫌らしい笑顔で最高にイヤらしく言ってきます。





水槽崩壊してしまえばいいのに!!







嘘です。師匠、ごめんなさい。





買い物を終えた一行は帰路に着きます。


本当は海坊主さんの所にも行きたかったのですが、次回にお見送りになりました。


さよなら海坊主さん…




帰りにちょっと寄り道してコロッケ師匠の大好物の豆大福を購入します。


大福を買って楽々屋さんとはお別れです。



最高に男気溢れる楽々屋さん。

またお会いしたいものです。



コロッケ師匠のBMWに乗り込むと、


間髪いれず大福を食べ出すコロッケ師匠。


どんだけ好きやねん。




一個貰いましたが食べて納得。


確かにこれは家まで我慢出来ない美味しさです。




家に戻るとコロッケ師匠は速攻で水合わせを始めます。



スクリブルドアンティアス。


IMG_5066_R.jpg

IMG_5083_R.jpg


今まであまり意識していなかったですが、


とんでもない魚です。


この個体が最大サイズなのもあるのでしょうが、

この色。



蛍光ピンクの絵の具ぶち撒けたみたいです。



メチャクチャ綺麗。



一瞬で物欲が沸き立ちます。



よってこの瞬間私のタンクにもハナダイ導入が決定しました。



絶対入れます。


マダラハナダイ複数飼育します。


結構本気です。





さて、長かったようで短いこの度も段々と終わりが近づいてきます。

水あわせの終わったハナダイは落ち着かない様子で水槽をうろうろしてますが、

私も帰らなければいけないと思うと落ち着きません。


最後の晩餐にはコロッケ師匠と師匠の奥様とカレーを食べに行くことに。





大阪まできて何故にカレーかって?

これは大阪に来て以来粉物しか食べていない私に気を使ってお二人が素敵なカレー屋さんを予約してくれたのでした。




なんて心遣い…

涙がちょちょぎれますわ。



予約の時間にカレー屋さんに着くと店の前からいい匂い。

一気にお腹が空いてきます。




中に入ると何やらインド人店員が沢山。

本格的です。


これでバーモントカレーだったら関西直伝の鬼ツッコミ入れます。



3人でヤンヤヤンヤと注文を決め注文します。


オーダーを取りに来たのは日本人の女の子でした。


「カレーセットとお姉ちゃんのパイパイ2つ!」


コロッケ師匠の変態オーダーが飛びます。


すかさず横から奥様のエグるようなボディブロー。

大袈裟に吹っ飛んだフリをしたコロッケ師匠は店員の女の子のパイパイに飛び込んで行きます。








嘘です。師匠、ごめんなさい。



暫くして料理が到着。

コロッケ夫妻オススメのタンドリーチキンから頂きます。



プリプリです。


よくあるバアさんの肉みたいなパサパサした安っぽいタンドリーチキンでは無く、


体育の授業後のプール上がりの女子高生の様なプリンプリンのタンドリーチキンです。





どうです?男性諸君。

これだけで食べたくなったでしょう??


男とはアホな生き物ですね。



いよいよカレーが到着です。

IMG_4920_R.jpg


それにお土産屋さんで売ってるテナントみたいな大きさのナンが到着。

コロッケ夫妻オススメのチーズナンとオニオンナンも到着です。
IMG_4918_R.jpg



え~っとね。


ナンはね。粉物じゃないんです。


粉物じゃないってことにしておきましょう。



大阪に来て粉物しか口にして居ない私に


気を利かせてカレー屋さんに連れてきて貰って居るのに結果、


粉物三昧だなんて口が裂けても言えません。



この事は墓場まで持っていくつもりです。




それはさておき。




美味いです。


もうそれしか言ってませんが、美味いです。



私は不味かったら正直に不味いですと店内に響き渡る大声で言ってしまうくらい正直なので安心してください。


私が美味しいと言った店は間違いなく美味しいです。




「これ、重たいから一枚でいいわ。あとはたかすぃ~はんが食べや。」


そう言ってコロッケ師匠がチーズナンをバケットごと差し出して来ました。


「食いきれへんかもなぁ。無理に食べんでもええで?」


コロッケ師匠の心配をよそに奥様が言います。


「若いんやから一緒にしたらあかんわ。オッサンと比べてしもたら失礼やわ。ね?たかすぃ~さん。」

これで軽く食べ切ったらコロッケ師匠をオッサン扱いすることになってしまいます。


かと言って残すのも奥様の期待に添えず残念パターンです。




全部頂きました。


ペロリンチョです。


なんせ私、チーズ大好きですから。


レアチーズケーキに粉チーズ掛けて食べるのは日本で私一人だと自負しています。



満腹です。


久しぶりに限界まで食べました。








この後、コロッケ師匠の自宅に戻ってトイレから出られなくなったのはコロッケ夫妻には秘密です。


猛烈な腹痛。


完全に食べすぎです。


奥様が

「お腹の薬のむ?」

と心配してくれて居ましたが、それは飽くまで予防的に心配してくれていただけで、

現在進行形でお腹下しまくってるのがバレてた訳じゃないと信じています。


結果、食べた分丸々リセットしたんじゃないだろうかというくらい出して収束しました。



無理はするもんじゃありません。



魚も人間も餌のあげすぎは危険です。





お腹が落ちついてからはコロッケ師匠に頼まれ水槽の写真撮影です。

IMG_4839_R.jpg
IMG_4779_R.jpg
IMG_4807_R.jpg
IMG_4785_R.jpg
IMG_4847_R.jpg
IMG_4855_R.jpg
IMG_4860_R.jpg
IMG_4865_R.jpg



ある程度納得の行く写真を撮り、コロッケ師匠のパソコンに落としてあげました。


コロッケ師匠も奥様も感動して頂けたようで満足です。


コロッケ師匠のブログを見ていて、


いつもより綺麗

だったり、

なんか素敵な写真だなぁ


って思ったら、

それは間違いなく私が撮った写真なので間違ってもコロッケ師匠を褒めては駄目です。




いよいよ時間も迫ってきました。


最後の最後のに3人で少し人生についてお話ししました。


やはり御二方とも人生の先輩です。

背中を押して頂けた気がします。

奥様スエット姿で寝転がるコロッケ師匠を指しながら


「この人だって大丈夫なんだから、たかすぃ~さんだったら絶対大丈夫やで!」

って言ってもらえて本当に勇気が出ました。





嘘です。師匠、ごめんなさい。





楽しい時間はあっという間です。



お別れの時間です。




アホみたいな寒さの中、高速のバス停まで見送りに付いてきてくれました。



コロッケ夫妻はヘッドライトが近づいて来るたびに



「きたで!あれや!あれバスやろ!」

「あれか!あれやろ!バスや!」



と騒いでいますが、


見事に全部トラックです。

はしゃぎ過ぎです。





やがて本当にバスが到着したので、荷物を添乗員に渡します。





向き直るとコロッケ夫妻が並んで立っています。






本当はバスなんて来なければ良いと思って居ました。



本当は帰りのバス券無くしたことにしようかと思っていました。


行きも

家について連絡した時も




バスではよく寝れました


なんて言ってましたが嘘です。



行きは楽しみでウキウキして殆ど寝られませんでした。




帰りは悲しくて寂しくて殆ど寝られませんでした。




コロッケ夫妻に歩み寄り感謝の念を伝えて握手をします。


失礼ながらさっさと終わらせました。


あれ以上は涙を我慢出来なかったと思います。


夜行バスでカーテンが閉まっていてよかったと思いました。


窓の外に立つ2人の姿を見たら飛び出して行ってしまったと思います。


振り返らなかったのではありません。


振り返れなかったのです。







あの日から10日が経ちました。


今でもワンシーンワンシーン


交わした言葉の一字一句


昨日の事のように思い出せます。



大阪で出会えた皆様。

本当に暖かかった。


良くテレビで関東人と関西人の違いなんてやってますが、


私は体感しました。


あんなにも優しくてフレンドリーな人間性を持った人達ばかりが居る場所があるなんて。



東京近郊に住んでる私ですら都心の人達は冷たいと感じます。


他人に無関心なのでしょう。


私は一瞬で関西の魅力に取り付かれて居ました。


隣の芝は青く見えるなんて言いますが、

これはそうではありません。


本当に良い場所なのです。


それはアクアだって発展する筈です。



今回の旅で私が得たのはアクアの情報や知識だけではありませんでした。


寧ろそれ以外の事の方が多かったのではないでしょうか。


一生です。



私はこの旅、


それにこの旅で出会えて優しくして貰えた全ての方々を一生忘れません。


そして他の誰よりも、


初対面の私に宿まで提供してくれたコロッケ師匠、奥様。


本当にありがとうございました。



私は必ずまた関西に足を向けます。


願わくば皆様にお会い出来ますように。















ぶっちゃけちょっと泣いた方、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

さて皆さんこんばんは。

お宮のたかすぃ~で御座います




今回はお待ちかねの第2話です。

第1話をご覧になっていない方は先に



『人妻イチャイチャパラダイス~俺は浪速のチンアナゴ~』をご覧になってからの方がより美味しく召し上がれます。




さて、それではスタートです。



IMG_4522_R.jpg
IMG_4526_R.jpg




スマートボールを終えた一行は余りにも自虐的すぎるハンドルネームのゆでタコさんと合流し、軽く新世界散策に向かいます。

産まれて初めて見る通天閣。



思ってたよりも大きいんですね。

上にも登れるらしいのですが、

コロッケ師匠曰く、

「拷問器具みたいなマッサージ椅子があるだけや。」

という事なので下から眺めるだけにします。



そこから通りをプラプラします。

IMG_4540_R.jpg
IMG_4542_R.jpg
IMG_4543_R.jpg


ホントにディープですねぇ。

雰囲気最高です。



洋服屋さんに

「ソース二度付けおことわり」

と書いたTシャツが売っています。


なんて購買意欲をくすぐる商品なんだ…


危うく買うとこでした。




その向かいの洋服屋には師匠曰く

「男の勝負服が売ってるで。」

との事なので覗いてみると、




それはそれは昭和のかおり漂うスカジャンの数々。

龍や鯉、虎の刺繍が目に入ります。



それにガルフィーのスウェット。


ガルフィー着てる人なんて最近めっきり見ませんね。

パンチかニグロでバチっとキメて着こなしたいもんです。

完全に天然記念物扱いです。




しかしその中に一着、綺麗な女性が刀を持ったペイントが背中一面に入って、前面の胸元に

『斬捨御免』

と刺繍の入ったアウターを発見。

ちょっとデザイン的に好きだったので見ていたら店のオバちゃんがすっ飛んで来ました。


「お兄ちゃん。良いの見つけたね。それカッコええやろ?1番人気やねん。サムライガールいうんや。」


間髪入れない営業トーク。

さすが大阪のオバちゃん。


「確かにカッコいいですね。ちょっと欲しいです。」



不覚でした。気安くそんな事を口にするもんじゃありません。大阪のオバちゃんの前で。




『欲しい』





このワードにオバちゃんの目が獣のように光ります。

「これ、此処でしか買えへんねん。他じゃ買えんで?お兄ちゃん、これ絶対似合うわ。間違いあらへん。ほな、着てみよか?いっぺん着てみよ。ほら、早よ脱ぎや。」



怒涛のクロージングです。



着せてしまえばこっちのものという事でしょうか。


私も危機感を感じ自分のアウターを脱ぐのを躊躇い、苦し紛れに他の商品に目を移します。


こんなギャグみたいなデザインのアウターに1万7000円も払ってられません。



しかしオバちゃんは私の背後にピッタリついて来ます。

完全lock-onです。

店内をグルグル回りながら

他の商品の前で止まると、すかさずオバちゃんミサイルが飛んできます。



「それ、1番人気あんねん。皆んな買うてんねんで?こっちとどっちがええの?」



気付くといつの間にか最初、私が目をつけたアウターを手に持ってきています。


速いっ…!シャアかっ?!




1番人気の商品が2つあるのは大阪ならではなんだと思います。

東京ではまずあり得ない現象です。

恐るべし商人魂。



外で皆さんが集合してるのが見えたので慌てて逃げ出しました。

でも不思議です。

危うく買うとこでした。

今でも買っておけば良かったかとモヤモヤしています。

オバちゃんのクロージング地雷がジワジワ後から効いてきます。

多分、次にあの店に行ったらもう逃げられないでしょう。


オバちゃんにゴメンなさいと告げ、メンバーに合流します。



コロッケ師匠のフェラーリに皆んなで乗り込み新世界を後にします。


走り出してすぐ、助手席のゆでタコさんから袋が差し出されます。



「これ、僕の好きなたこ焼きなんです。良かったら召し上がってください。」



たこ焼きのパックが後部座席に回って来ました。


「いやぁ…食べたいけど苦しいなぁ…」



私がそう呟くと隣でアルレッティさんも呟きます。


「僕もお腹いっぱいですわぁ。」



そりゃそうでしょう。

昼間から生ビールフライングして(海坊主さんもフライング)串カツ20本近く食べてタコ串まで食べてるんですから。


「ほな、少しだけ戴きますわ。」




まだ食うんかい!


アルレッティさんの胃袋は底抜けです。


ま、私も食べましたけど。


私が普段関東で食べているたこ焼きというものは本当のたこ焼きじゃないと良く分かりました。

たこ焼きの形したタダの丸い物体です。

もう私は関東のたこ焼きモドキを口には出来ないでしょう。

美味すぎます。


さて、車内ではアルレッティさんのカメラを拝見。

他人のカメラを見るとついついクリーニングしたくなってしまいます。

ピカピカにしてあげました。


そんな事をしている間にゆでタコさんのご自宅に到着。

皆んなでドカドカ上がり込みます。

変な男達が沢山乗り込んできて奥様もビックリ。

ご迷惑お掛けしました。




いやしかし

ゆでタコ邸の水槽ですが、




半端じゃありません。

皆んな入った瞬間絶叫です。


「なんじゃこりゃ~!」








見渡す限り水槽です。

皆んなで数えたら20本以上ありました。



しかも中身は超高級魚ばかり。



相性やサイズなんて何のその。

装置も意味が分かりません。

外掛フィルターのみです。



そんな中でニシキ、シマ、スミレがバクバク餌を食っています。



意味が分かりません。



俗に言う世間一般の飼育論などゆでタコさんには何一つ当てはまりません。



「なんでこんなに高級魚ばかりなのに、外掛フィルターに30cm水槽なんです?オーバーフローにしたらええのに!」



余りの衝撃にコロッケ師匠が突っ込みます。


「オーバーフローって言葉最近知ったんです。それまで知りまへんでした。」

ヘラヘラ笑いながらゆでタコさんが衝撃の一言を発しました。


「なんでこんなんでゴールドフレーク三匹も飼えて、うちの水槽では飼えんのや~!」


コロッケ師匠が悶絶しています。


一同、爆笑。




オーバーフローを知らない



そんなアクアリストがこの世に存在するとは。





嘘じゃないんですよ。皆さん。


事実、外掛フィルターや上部フィルターしかありません。



その中に10万オーバーは勿論のこと、50万以上の魚が泳いでいます。

ざっくり泳いでいる魚の金額を計算してみましたが、90cm上部式の水槽でどんなに少なく見積もっても100万超えてます。


水槽はものによってはコケが蔓延り、外掛けスキマーに阻まれ鑑賞面なんて僅かです。



でも皆んな状態最高なんです。




意味が


分かりません。





この方は有る意味、世界中のアクア機器メーカーを敵に回す可能性すら秘めています。




機材に金を掛けなくても魚は飼える




これをゆでタコさんは証明しました。


凄い人です。私の尊敬するコロッケ師匠ですら、圧倒されていました。

アルレッティさんは始終笑い転げています。

海坊主さんもあちこち見ながら感心しています。


多分、ゆでタコさんは来年あたりアクア機器メーカーから送り込まれた殺し屋に狙撃されると思います。

ゆでタコさんは言っていました。

「魚を飼うのが楽しいんです。コケ掃除は嫌いです。水換えは大好きですけど。」


これが一つの答えなのかもしれません。


やれ水質がどうだとか、


性能の良いスキマーがどうだとか、


ろ材を使うだの使わないのだの、



関係無いんです。


ゆでタコさんは純粋に


『魚を飼育したい』


その意思だけで管理しています。


私達は難しく考えすぎなのかもしれません。


万近くするバクテリア剤や、

数十万、時に数百万掛けたシステムでも、

出来ないものは出来ないんです。


大切なのは気持ちだと。


本当に勉強になりました。


ゆでタコさんの水拝を終え、師匠のロールスロイスに乗り込んだ一同は、遂にUG総本山に向かいます。


道中、ゆでタコさんはコロッケ師匠と釣りの話で盛り上がっておりました。


なんかやけに静かだなと思ったら



隣でアルレッティさんが海坊主さんの肩にもたれ掛けながら爆睡しています。


何処まで面白い人なのか分かりません。


素でやってるんだから凄いです。


そんなこんなで、車を走らせていると


「もうすぐやで。」


コロッケ師匠が呼びかけます。




ん?


どう見てもただの住宅街。

車が停車すると目の前にはとんでもない色の家が建っています。


看板には大きく



『AQUA STAR』の文字。




こんな所に…



これがUG総本山の姿です。

プライバシーの関係からお見せ出来ませんが、

とんでもない場所にあります。



遂に内部に潜入です。














所狭しと並ぶ水槽。


中には美しい高級魚が沢山泳いでいます。





そして店長さん登場。

やはりオーラが出ています。


並みじゃないです。


しかもイケメンです。


イケメンでアクアショップの店長。


場合によっては店長さんを買いに求めに来る女性の方々が多いのでは無いかと思います。


なんて素敵なショップだ。

私は履歴書の準備を心に決めました。

ここで働きます。



一通り水槽を見て回り、忘年会まで時間があるのでコロッケ師匠のご自宅に戻る事に。

店長さんとは一時お別れです。



コロッケ師匠のポルシェに乗り込んだ一同は宇宙一大ヤッコ水槽のある、コロッケ師匠の自宅へと向かいます。


コロッケ師匠の家に着くと皆んなで我先にとドカドカ上がり込みます。


勿論向かうは大ヤッコ水槽。


皆、水槽に釘付けです。








と、思いきや


1人だけ床下のポンプ配管室に頭を突っ込んでる人が居ます。



アルレッティさんです。



アルレッティさんは水槽には目もくれず床下配管の写真を撮りまくっています。



さすがアルレッティさん。

一枚も二枚も上手です。



アルレッティさんは大型水槽立ち上げ中なのでコロッケ師匠の配管を参考にするみたいです。


やはり何度見ても圧巻です。


有る意味ゆでタコさんの水槽とは対極にあるのかもしれません。


しかし、前話でも書いたように、

この水槽は一つの完成形です。




事実、あれだけ凄い事をしているゆでタコさんや、海坊主さん、アルレッティさん、そして私を含め、



皆、瞬時に心を奪われます。






アクアに大切な事。



それは





『どこまでアクアを愛せるか』






という事だと定義づける事にします。



どんなシステムでも、


どんな方法でも良い。



とにかく一生懸命アクアに愛情注ぐ事です。


そうすれば必ず成功するのだと思います。







さて、皆んな奥様の入れた美味しいコーヒーを飲んで一服した後は、




遂に今回のメインイベント





『北摂アクア連合UG 2014年度忘年会』





この為に私は埼玉から来たのです。(馬鹿)


嫁、子供を置いて来たのです。(馬鹿)


埼玉から600km離れた所で忘年会です。


お陰様で忘れられない年になってしまいました。(馬鹿)






今回はアルコールが入るのでコロッケ師匠のアストンマーティンには乗らずにバスで会場まで向かいます。


道中、ゆでタコさんと私の家の近くの有名なショップの話で盛り上がりました。


おかしいと思いませんか?


この方、わざわざ埼玉まで魚を買いに来てるんです。


大阪在住ですよ?


変態極まりない。


串カツ屋で美少女ドールの撮影を始めるアルレッティさんと同等の変態具合です。


しかも話を聞いてると関東の有名なショップは殆ど制覇していました。

なかでも私の家の近くにある有名なショップが好きだと仰っていました。

我が家から5分です。

と、言うことは

ゆでタコ邸からは高速バスで8時間掛かる計算です。



この情熱があのあり得ない究極水槽を産み出してるのだと、妙に納得してしまいました。



バスに乗り込んだ一同は途中で店長さんと合流して会場のお好み焼き屋さんへ向かいます。


到着してみると何ともお洒落なお店です。

幹事はコロッケ師匠です。

流石コロッケ師匠。センスが抜群です。

このセンスで昔は女性をアヘアヘさせていたに違いありません。




嘘です。師匠、ごめんなさい。



今日の参加メンバーは私を入れて10人の予定。


「4人席2つしか取れてへんのや。何とかなるやろ。」


ん?


でもコロッケ師匠が言うのだから間違いありません。

私はコロッケ師匠を信じています。



中で待っていると続々とメンバーが集まって来ます。



『RED SEA MAX!』でお馴染みの楽々屋さん





『僕がニモと住む理由』でお馴染みのmichi41さん。




そして『ジュン・コーポレーション』の社長さん。





北摂アクア連合、


恐るべし…



残念ながらお一方欠席で、総勢9名での忘年会スタートになりました。

結果、満席で私の座る場所が微妙だったのは伏せておきましょう。



コロッケ師匠の合図で乾杯です。




肉やらお好み焼きやらジャンジャン出てきます。


私、大阪に来て、串カツの衣を入れたら粉物しか口にしていません。


本場のお好み焼き。


IMG_4586_R.jpg


激ウマです。


ただの粉と卵の混合物なのに関西に来るだけで美味しくなるファンタジー。


謎は深まるばかり。


IMG_4587_R.jpg


私、丁度2つのテーブルの間に座って居るので両方の会話が入り混じり大パニックです。

料理もどっちを食べたら良いのか分かりません。


コロッケ師匠は自分の薬味に気付かず私の薬味を使って肉を食べるという暴挙に出ています。



「僕は…どっちを食べたらいいんでしょう…」



弱々しくそう呟くと、

隣に座って居た楽々屋さんが吠えました。


「どっちも食えっ!(ドンッ!)」



なんて男らしい…



一瞬で恋しました。

どんな流れだったのかちゃんと聞いていませんでしたが、


「肉が好きだっ!(ドンッ!)」


と高らかに宣言していた楽々屋さん。

素敵な水槽をテーマ別に別けて飼育されている凄いアクアリストです。

小型水槽を上手く並べインテリアとしても非常にハイレベルな水槽です。


なにわともあれ男気に満ち溢れた方です。



ここでmichi41さんが私の歳が気になったらしく、26歳である事を伝えると衝撃を受けた様子。


「うわぁ~!ショックやわぁ~!もっとオッさんやと思ったぁ!26?!若すぎやろ~!ショックや~!」


訳の分からない理由で悶絶しています。

michi41さんはUGでは珍しい生粋のコーラルキーパー。

美しいサンゴ水槽を維持されています。

UG内ではサンゴのことはmichi41さんに聞けって感じみたいです。



海坊主さんは私が3人子持ちで全員年子だと聞くと

「種馬ですやんw」

と有難いお言葉。



種馬

最高の褒め言葉です。


男たるもの3度の飯より女体盛りです。

海坊主さんはサンゴと魚をバランス良く飼育しています。

それに別水槽で飼育しているハリセンボンのボンちゃんは関西じゃ知らない者は居ない超絶アイドルフィッシュです。

余談ですが、ハンドルネームからして凄い強面のヤクザみたいな人を想像していたのですが、めちゃくちゃお洒落なすごく優しい方でした。



更にアルレッティさんが再び暴走モードに突入。

美少女ドールみゆちゃんを繰り出し、皆を牽制します。

よく見るとドールの太ももの辺りがセロハンテープでぐるぐる巻きにされています。



「これしないと股をパッカーンと広げよるんですわwwwはしたないんで、これで抑えてるんですわwwwガバガバですわwwwww」



アルレッティさんは1人でお気に入りのドールをディスって爆笑しています。


アルレッティさんの隣ではゆでタコさんがアルコールにより本当にゆでタコさんになりかけています。


なんて濃いんだ…北摂アクア連合。


暴走モードが収まらないアルレッティさんはゆでタコさんの頭に美少女ドールみゆちゃんを座らせて御満悦です。






もう収集つきません。




私の父親とさほど変わらないであろう歳の方が、

私の父親より歳上であろう方の見事なツルツル頭に美少女ドールを乗せて遊んでる光景は衝撃映像と言わざるおえません。




人生というものを真剣に考えてしまった瞬間です。







皆さん段々盛り上がってきております。

いや、

最初からフルスロットルだった感は否めませんが。




しばらくすると今度は反対側のテーブルから海坊主さんがゆでタコさんを

「たこ爺さんはぁ~!」

と刺激的な呼び方で暴挙に出ています。


さすがに勢い余った感があったらしく


「こ、コロッケ師匠がそう呼んでいたので!」



と慌てて取り繕います。

私を種馬呼ばわりした報いです。



これには一同大爆笑。




ちゃんとアクアな話もしてました。


ジュン・コーポレーションの社長さんは様々な素敵な商品を販売しています。


硝酸塩の話やバクテリアの話。

皆さん思い思いに情報交換します。


関東と関西のアクアの違いも話題に上りました。

やはり関東は魚の値段が高いようです。




また、既婚アクアリストも多い為、奥さんとアクア資金の話も話題に。

やはり皆さん苦労しています。



二重口座や代金改ざん・隠蔽。


政治家もビックリの悪行パラダイスです。


私が給与手渡しで、端数すっぱ抜いてると言うと、


「こっすいなぁ~!」


と皆んなに笑われました。




皆んな大して変わりまへんやん…




そして騒ぎに紛れて私は北摂アクア連合UGの関東支部を支部長を拝命させて頂きました。





感無量です。




ついに憧れのUG団員になれました。


600kmの道のりは無駄じゃありませんでした。


この名に恥じぬアクアをしなければならないと思います。


絶賛崩壊中なのは皆さんには内緒にしておきましょう。






いよいよ忘年会も大詰めです。


暴走モードのアルレッティさんを除き、意外と皆様平常心でした。

事前情報では海坊主さんがブッ飛ぶ率がかなり
高いと聞いて来たので楽しみにしていたのですが、今回はセーブしていた模様。

なんでも毎度負傷して帰ってくるので奥様に釘を刺されてるとか。

隣に座ってもっと飲ませれば良かったと帰ってきた今でも後悔しています。





最後に全員で集合写真です。











素敵ですね。


本当に素敵です。




『アクアリウム』




という共通の趣味があるだけで、


親子程も年齢差があり、


職業や身分もバラバラな人達が集まって

こんなにも打ち解けられる。





このUGというグループは特に良いのだと思います。


誰も人様の水槽にケチなんてつけません。


皆が皆の水槽・飼育方法を認め合い


皆が皆の水槽・飼育方法を褒めあっています。


誰も自分の理論や自論を他人に無理強いなんてしません。

自分の実力を誇示したりもしません。


私の様な若輩者も笑顔で受け入れてくれる包容力もあります。



これが皆んなが皆んなだから凄いのです。



これこそが北摂アクア連合UGが此処まで発展し、盛り上がっている何よりの証拠です。




私は思います。


このグループはそう遠からず日本のアクアリウム文化に置いて相当の影響力を持つグループになると。





集合写真写真を撮り終え、

お別れの時です。


海坊主さんとアツい握手と抱擁を交わします。


こんな私を抱きしめてくれてマジで恋する5秒前でした。


コロッケ十円之助さん

ジュン・コーポレーション社長さん

アクアスター店長さん

海坊主さん

楽々屋さん

michi41さん

ゆでタコさん

アルレッティさん(みゆちゃん)

そして

お宮のたかすぃ~



総勢9名のアクアリストによる壮絶な忘年会が幕を閉じました。



正直、お別れするのが辛かったです。


「次は新年会で会いましょう!」


そう言って貰えて涙が出そうでした。




今からどうやって妻を納得させて大阪に繰り出そうか考えあぐねています。


長い長い1日でした。


でも、楽しい時はあっという間です。




私はコロッケ師匠の自宅に宿泊する為、師匠の家へと帰ります。


こうして私のアクアの旅、1日目が幕を降ろすのでした











と、思いきや








この後、コロッケ師匠のお宅で、師匠が先にお休みになられたので奥様と話し込みました。


かなりディープなお話でしたので内容は秘密です。


奥様、中々の強者です。

さすがコロッケ師匠の奥様。


初めて共感してくれる方に出会いました。



奥様と話終え、



時計はam2時過ぎ


暖かいお布団でお休みさせて頂きました。







さて、


この辺で区切ります。


次回はいよいよ最終話。


ついにお宮のたかすぃ~最大のピンチ?!


無事に埼玉に帰れるのか?!




乞うご期待。

IMG_4593_R.jpg

ワタシのテープ剥がして・・・

ポチって

し・て・♪


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村












皆さんこんばんは。

お宮のたかすぃ~で御座います。

今、壮大な旅を終えて帰路に着いております。

埼玉まで8時間。

今回の旅は一生の思い出になったので忘れるようなものでは御座いませんが、記念して此処に記しておこうと思います。

かなり長くなると思うので、三部作くらいにしようかと思います。





さて、


12月12日PM10時。

私は期待に胸躍らせながら新宿駅バスターミナルに佇んでおりました。

嫁と子供は置き去りです。



いえ~い!!ざまあ見やがれ!



何年ぶりかの一人旅。

よくもまぁ許してくれたもんだと今でも信じられません。



多分家に帰ったら別の男がパンツ一丁で妻と寝てるか、

水槽がごみ捨て場に捨てられてるのを覚悟しています。


高速バスに乗り込んだ私は一路、南へと向かいます。




高速バスの中では爆睡です。

今の高速バスってのは凄いですね。

飛行機のエコノミーより余程快適です。



快眠しすぎて寝過ごすと怖いのでiPhoneアラームをバイブで3回セットして社会の窓からパンツの中にiPhoneを突っ込んで寝ました。

お陰様で朝からエロティック全開な刺激的な目覚めです。



日付が変わって12月13日am6時丁度。

バスアナウンスで

高速道路の交通状況によっては大幅に遅れる場合が御座います

って散々注意喚起した割には30分も早く到着しました。



埼玉県所沢市から遥々8時間。

大阪中心地と京都の中間に位置するこの場所は、

大阪は北摂。


さて、好きな人はもう気づかれたかも知れません。

ここは今日本で最もアクアがアツい場所と、一部の人間からは絶大な支持を得ています。

実はこの度でお世話になる方が迎えに来てくれる筈だったのですが、

予定より30分前。

この真っ暗闇の寒空の中、わざわざ出迎えて貰うのも申し訳ないので、

事前にグーグルストリートビューで下調べした記憶を頼りに自宅を散策開始。

しかし死ぬほど寒いです。

空気は関東都市部とは比べものにならない位美味しい空気でしたが、寒すぎます。

大阪は南だから暖かいのかと思ってましたが、死ぬほど寒いです。

しかし元営業マン経験もあるのこの私。

あっという間に自宅を発見。



表札には『縦縞 巾着鯛』と書いてあります。

お世話になる方の本名です。


この家で間違いない。




LINEを送りますが返答なし。

タバコ一本粘りましたが、寒さに耐え切れずピンポンダッシュしました。

朝早くにごめんなさい。

「なんや!直接来たんかいな!迎えに行こうと思ってたのに!」

びっくりしながら飛び出して来たこの方。


全国ネットで有名なあの方です。

北海道に大泉洋なら北摂はこの方ってくらい有名です。

ちなみに選挙にも出馬しています。

ヤッコ維新の会の党首です。


マリンアクアブロガーなら知らない方は居ないでしょう。

とある事情がきっかけで私からコンタクトを取ったのがきっかけで約1カ月間、散々アクア話に華を咲かせ、とても親密な関係にならせて頂きました。


誰にも言えない秘密の大人な関係です。

深く詮索はしないでください。



この度、忘年会を行うというので参加させて頂きたいと申し出ると、見ず知らずの私を家に泊まりなさいと快く受け入れてくれました。

そう。

この方。

私が普段より師匠と崇める

宇宙一大ヤッコ水槽を管理する超絶ヤッコアクアリスト

また、

北摂アクア連合UGのトップに君臨する







コロッケ十円之助さんです





LINEで散々ふざけたやり取りしていましたが、

流石に本人を前に緊張しました。



オーラが出てますもの。

ちょいワルオヤジなんてレベルじゃありません。

プロアクアリストオーラが満ち溢れています。

半端じゃないです。

ドラゴンボールで言ったらスカウター爆発するレベルです。

悟空なんかデコピンで殺せます。




嘘です。師匠ごめんなさい。




何はともあれ招き入れて頂き、奥様にもご挨拶。

とても美人で気さくな奥様でホッとひと安心。

二匹の可愛いワンちゃん達は牙剥き出しでギャンギャン吠えて私を歓迎してくれています。

奥様はお土産の東京バナナを偉く気に入ってくれたようで、

コロッケ師匠の3倍のスピードで3倍の量の言葉を喋っています。

流石関西。


玄関入ってまず目に入るのが奥様の趣味ですが管理メンテはコロッケ師匠が行っている通称、玄関水槽。

ヤッコマスターのコロッケ師匠は


「サンゴ興味ないねん。なんでもええわ。」



とか言ってますが、実際入っているのは上等なサンゴばかり。

並みのサンゴ水槽より余程ハイレベルです。



IMG_4778_R.jpg
IMG_4777_R.jpg
IMG_4776_R.jpg
IMG_4775_R.jpg
IMG_4774_R.jpg


各種マメスナからナガレハナやらタコアシ、ファンシーロックなんてレアものまで眩しいくらいの彩りです。

これは水槽の宝石箱やぁ~のレベルです。

このサンゴ水槽は一見の価値ありです。

ちなみにコロッケ師匠が衝動買いした世にも珍しい粒餌を食べるニシキテグリが入っているのですが、散々探しても見つかりませんでした。


玄関水槽を後にし、


リビングでぬくぬくしていると、気を遣って頂いて、いきなりお風呂に入れて頂きました。

バスで身体が固まっているので大変有り難かったです。

しかしこのお風呂がまた衝撃。

マジでびっくりしました。



風呂桶にヤッコが泳いでるんです。


さすがヤッコマスター。








嘘です。師匠ごめんなさい。





お湯に浸かった瞬間違和感を感じました。

お湯が違うんです。

肌に優しく纏わりつくような感じがします。

近くに温泉があると聞いていたので温泉なのかと思いました。

試しに飲んでみると(湯船のお湯)



美味しい…(湯船のお湯)



全く薬品臭くありません。


ミネラルウォーターレベルです。(湯船のお湯)


お風呂から上がり、お水を出して頂いたので飲んでみるとやはり美味しい。

しかし確かに蛇口から出た水です。


あまりに気になったので聞いてみると、この地域は水が良質なのだとのこと。

合点行きました。

この水をアクアに使えるんですからはっきり言って浄水器なんて用無しです。

これは本当にびっくりしました。

地域によって水道水の質って全然違うのですね。

因みに我が家の水道水は薬品臭くて飲む気になりません。

実際飲むと不味いです。





そして遂に


全国のマリンアクアリストの間で騒がれている


宇宙一大ヤッコ水槽を見せて頂く事に。




もうドキがムネムネです。


心臓がズッキュンズッキュンいってます。


襖を開けて部屋に入るとそこには宇宙が広がっていました。


あのね、これはお世辞でもなんでもありません。


私も中学生からアクアやっていて、


他人の水槽からショップの水槽、


各地の水族館の水槽を腐る程見てきましたが、




この水槽は半端じゃないです。


まず、水の透明度。


これ、

水流止めて魚とレプリカロック抜いたら、


水が入ってる様には見えません。



澄んでいるとかいうレベルじゃなくて、



透明なんです。


いくら綺麗な飼育水だって1.8mの水槽を横から透かしてみたら多少の濁りはあります。

水が有ると認識出来るくらい。


でもコロッケ師匠の水槽は水が入ってる様には見えないんです。


丁度2週間の水換えタイミングだったらしく、

「今は汚いほうやで。」

って言ってましたが、

意味がわかりません。

これ以上綺麗なことありますか?って感じです。

透明すぎて目の悪いお爺ちゃんとか居たら激突して死ぬレベルの綺麗さです。


僕はダイビングもやるので色んな海に潜ってきましたが、


あれは石垣島、いや、パラオより綺麗です。


嘘だと思うでしょう?


実際見たらね、言葉でませんよ。

以後この水槽を馬鹿にする者は私が成敗します。

実際見てから物を言いなさい。

この水槽をキープしてる方にウンチク垂れるなんて私には恐れ多くて出来ません。




「コロッケさん・・・全く・・・それじゃあダメですよ。全然だめ!しょうがないなぁ・・・僕が教えてあげますよ・・・」



そんなこと言ってみてーーーーーーー!!!!!!!!


嘘です。師匠ごめんなさい。




そしてそこに泳ぐ魚たち。

魚の写真は次回アップしますが、


どの魚もパンパンムチムチボインボインです。

峯不二子水槽に改名すべきです。


三枚下ろしに出来そうなヤッコばかり。

色艶も最高。


通称 無敵艦隊のバートレット軍団は見たこともない大きさに育って居ます。

ハナダイのサイズじゃありません。

「すげぇ…これはすげぇ…あぁ…すげぇ…あっ…そ、そこは…はぁはぁ…そ、そこはらめえぇぇぇぇ!」


これしか言葉に出来ませんでした。



正直ね、興奮通り越してテンション下がりました。

私の水槽なんかドブです。

下水レベルです。

なんで自分がアクアやってるのか謎になりました。

とても敵うものじゃないです。

無理です。

アクアは人それぞれですが、これは明らかに一つの完成系です。


これを見て感動したり羨ましいと嫉妬しない人間は、

脱法ハーブで頭イカれてるか、

そもそも人間じゃないかどちらかです。



コロッケ師匠が水換えすると言うので、お手伝い。

ついでに水槽のシステムも教えて貰いました。


1800OFプラス60ワイド。

水量も半端じゃありません。

さぞかし水換え面倒くさいと思うでしょう?




あまーーーーーーーーーい!!







一切面倒なことはありません。


床下に排水管通してますので、そこにホースを接続して流すだけ。







あとはビッグバケツにホースで水溜めて、人工海水溶かして、水槽に注入。

200リッターオーバー換水するのに30分そこそこです。


メチャ楽です。

やはり水廻りは設置時に出来る限り整備した方がいいですね。

私も一軒家を買う際には水廻りばバッチリ決めたいと思います。

水槽も師匠より大きいやつにしますし。

死ぬほど自慢してやります。

「え?1800しかないんですか?小さくてメンテ楽そうですねぇ!僕なんて3000もあるから大変なんですよ!(にやり)」

言ってみてぇぇええーーーーーーーーーー!!!!!!!


嘘です。師匠ごめんなさい。


水換えを終えてリビングで暫し休憩。



昼前にはディープ大阪and水拝ツアーに出発です。

コロッケ師匠のランボルギーニに乗り込みツアー参加者のお迎えに向かいます。

みなさん、ブログだけのお付き合いだったのでどんな方かワクワク。


まずは『アルレッティの水槽日記』でお馴染み、アルレッティさん。



その後、『海水水槽初心者日記』でお馴染みの海坊主さんも合流。



私とアルレッティさんも大阪が地元では無いのでコロッケ師匠と海坊主さんが大阪案内を買って出てくれました。


向かうは新世界。

名前からしてファンキーです。

私は産まれて初めての大阪なのでそこら中が新世界ですが、

兎にも角にも出発。



見渡す限り店、店、店。

なんとも言えないムードが漂っております。

お目当ての串カツ屋さんに向かうため、ジャンジャン横丁へ。




今は観光地化しているらしいですが、

一昔前は凄い所だったみたいです。

とても女性1人で歩けるような場所では無かったとコロッケ師匠から教えて頂きました。

でもそんなオーラは今でも感じられる場所でした。

怖いのでコロッケ師匠と海坊主さんにピッタリくっ付いて移動です。

行く前までは

「巨人のユニフォーム着て走り回ってやりますよ!」

とかデカイ口叩いてましたが、そんな事したらどうなるかよく分かりました。

怖くて巨人の巨の字すら口に出来ません。

ユニフォームなんて着てたら2秒で死にます。

因みに私はヤクルトファンです。

大阪の皆さんゴメンなさい。



お目当ての串カツ屋さん。

お昼時なのもあり混んでいます。

並んでる間にカメラで風景を撮影していると、




ん?


前が見えない…



皆んながケラケラ笑ってるのでファインダーから目を外すと目の前で知らないお兄ちゃんが満面の笑みでピースしてます。

IMG_4513_R.jpg


誰やねん!!!!!!


しかも撮るまで退きません。


パシャとシャッターを切ると満足そうに自転車で走り去って行きました。


こ、これが大阪か…





さて無愛想な店員に手で呼ばれ店内へ。





私が今まで東京で食べていたのはどうやら串カツでは無かった模様。









もちろんソースは二度付けお断り。


じゃぶじゃぶ浸してパックンちょ。
















美味い!美味すぎる!





ソースは全然塩っぱくなくて、適度な甘さ。


衣はサクサク。


たまごはウズラ三個じゃありません。


ゆで卵丸々一個です。


どんなに丁寧に食べても衣だけ先に食べる羽目になります。

そして結局一口で食べれないので串から外して箸で割って食べます。


串意味無し!

食べ方が分からないんでコロッケ師匠に聞いて

「これ、どうやって上手に食べるんですか?」

と聞くと

「これは一口で食べるんやで。」

というので一口で卵頬張ろうとしたら、

「嘘やでwこんなもん誰も上手く食えん。」


なんやねん!!!!!!




コロッケ師匠に勧められ、土手焼きというホルモンの味噌焼きもパックンちょ。




美味い…



大阪に住むとこんなもん毎日食えるのか…



この辺から真剣に移住を考え初めました。



ふと別席で向かいのアルレッティさんを見ると美少女ドールみゆちゃんを取り出して土手焼きをもたせて写真を撮っています。




隣で海坊主さんは他人の振りです。


僕の横のコロッケ師匠は大笑いしてます。


アルレッティさんのとなりに座っている椿鬼奴に激似のオバサンが苦虫を噛み潰したような顔でみゆちゃんとアルレッティさんを交互に見ています。


アルレッティさん、怖いもの無しの暴走モード突入です。



会計を済ませ外に出てアーケードを抜けるとアルレッティさんが居ません。

3人でアルレッティさんを見回し探すと、

遥か彼方から茹でタコの刺さった串を持ちながら満面の笑みで小走りで駆けて来ます。


まだ食うんですか…


笑いすぎで腹筋割れそうです。


もう一人のメンバーを待つ間、一同でスマートボール場へ。



名前は知ってましたが初体験。

もとパチンコ好きとしては負けられない勝負。


見た目簡単そうなのですが、これがなかなか難しい。

ちっとも入りません。

100円で20玉位出てくるのですが、一瞬で無くなります。

色々打ち回るも惨敗…

海坊主さんも黙々と打ってます。

アルレッティさんは店内から姿を消しました。

また暴走しに出かけたようです。もう放置します。



気付いたら3000円もスってました…


恐るべしスマートボール。

隣でコロッケ師匠が、

「今日はホンマに釘シブいわ~全然駄目や。」

ってボヤいてると思ったら

次の瞬間。

「よっしゃぁ!来たでぇぇー!」

テンションMAXであっという間に玉を溢れさせてました。



コロッケ師匠が出玉を交換して妻にお土産にと景品を頂きました。

なんとも気になるパッケージ。





限定ステッカーのクオリティがハンパじゃありません。


これぞ新世界クオリティ。


水槽に貼ろうと思います。

スマートボールを終え外に出ると『ゆでタコの海水魚奮闘記』でおなじみのゆでタコさんと合流です。



なるほど…

うん。

なんと言ったらいいか。

なんて自虐的なハンドルネーム…さすが関西。






さて、この辺で一旦区切ります。


次回は遂にゆでタコさんのご自宅に水拝andUG忘年会です。




乞うご期待!


IMG_4507_R.jpg

私のためにポチッと押してね♪ランキング一位にしてくれたらチューして

あ・げ・る♪


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


皆さんこんばんは。

お宮のたかすぃ~でございます。

天気が悪いですね…

こちらも生憎の雨模様。

私は雨が大嫌いです。


さて、私の水槽ですが





ここに来てかなり調子が悪いです。





チリメン軍団はポロポロ欠けて遂に残り1匹になってしまいました。


昨日までは特に違和感感じなかったのですが、

今日の朝からウズマキが拒食。



そして先程、息を引き取りました。






タテキン化が始まってきている時だったのでかなりショックです。


この突然死ラッシュは何なのでしょう。

毎晩水槽を穴が空くほど観察してますが、異常は無いのです。

換水や水質検査も怠りませんし、無論目に見える数値での異常はありません。

魚たちも餌くれダンスで消灯までバッチリ元気なのに、

いつも次の日の朝に急にコンディションが落ちています。


やれビブリオやら口内リムフォやら疑いはしますが、そんなの一晩やそこらでどうこうなるなんてあり得ませんし、

前兆がある筈です。


悩ましい。


非常に悩ましい。



確信犯的にリセット後、立ち上げ無視して強制的に多頭飼育しましたので崩壊覚悟な部分はありましたが、これはちょっと不明確過ぎて悩んでしまいます。


例えば白点蔓延して死んでしまったとか

ヒーター壊れて水温異常だったとか


確信的な原因があればいいのですが、

幾ら考えても今の状態ではそんな原因は見当たりません。


まあ、もう何を言っても後の祭りですので、アクアテンション下げないように何とか頑張るしかありません。

明日から暫く旅に出ます。

場所は傷付いたアクアリストが集まると言われるあの場所です。


さて、明日からは旅日記になりますので今日はこの辺で。

少し元気の無くなってしまった、

たかすぃ~でした。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村




どうも皆さんこんばんは。

お宮のたかすぃ~で御座います。

妻とは仲直りしました。

っていうか許して貰いました。

決して物では釣っていません。


欲しがっていたブーツを絶妙なタイミングで渡して許して貰うなんて卑怯な真似はしていません。

本当です。





まったく単純な女だ…(自重)





それはさて置き、最近私も物欲大爆発警報発令中です。

新しい魚は勿論のこと、

レザージャケットも新調したいし、

ライターも欲しいし、

車のパーツも欲しいし、

時計も欲しいし、

サングラスも欲しいし、




サンタさぁーん!

カムヒアー!



あの紅白ヒゲ爺さんここ暫く私の元に姿を表しません。

死んだのか?

昔はゲームボーイやらプレイステーションやら届けてくれたのに…

何故来なくなったのでしょう?


サボってんのかアイツ。


今年来なかったら北欧にミサイルブチかまします。




さてさて、


私の水槽ですが、

チリメンが1匹落ちました。

ポップアイになって死んでいましたが、ポップアイが死因ではないでしょう。



なんだか寂しくて仕方ありません。


星屑ロンリネスです。


魚が少ない…


少なく見える…


増やさなきゃ…

増やさなきゃ…



最近私の思考回路はエンドレスリピートでこのフレーズが流れています。


ふふふ…


買えば良いと思った貴方。


甘い。

甘すぎる。


今は買いません。

以前の私だったら我慢出来ず買っていたでしょう。





しかし!

今の私は違います。

私には現在、秘密裏に進めている大きな計画があるのです。

それは最早、魚を購入するという事だけではありません。


地域の壁をブチ破ってやります。

No border

アクアに壁なんてないのです。


ふふふ…


ネタが無くなるのであえてはっきりは言いません。


楽しみだなぁ…






近年サンタさんが来なくなったという方はポチッとしてください。

サンタが暮らす北欧に向けてテ◯ドンが飛びます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。