上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

どうも皆さん今晩は。

お宮のたかすぃ~でございます。

遂に人妻イチャイチャパラダイスも最終話を迎えます。

感動のフィナーレと相成るのか。

それともくだらないオチで終わるのか。




さあ、それではスタートです。








目が覚めると見知らぬ天井が広がっている。


そうでした。

私はコロッケ十円之助師匠のご自宅にお泊まりしていたのでした。

なんて清々しい朝でしょう。

嫁に枕で叩き起こされることも、

子供にジャンピングニードロップされることも無くゆっくり寝たのは数年ぶりです。

時計を見るとAM9:00


少し寝過ごしました。

コロッケ師匠が起きていたら申し訳ないと思い慌てて一階に降りて行きましたがコロッケ師匠はまだ就寝中で、奥様一人だけでした。


コロッケ師匠が寝ているのを良いことに奥様と朝の挨拶と熱い抱擁とおはようのチューを済ませます。





師匠、嘘です。ごめんなさい。



歯磨きをしているとコロッケ師匠が起きてきました。

何だか顔を合わせるのが恥ずかしいです。


恋人と迎えた初めての朝の気分でした。





さて、美味しいコーヒー飲みながら一服です。




そのあと宇宙一大ヤッコ水槽を眺めます。







ため息しかでません



美しい…




人魚ですら住める究極の聖水です。


ここまで綺麗だと汚したくなるのが人の常。

コロッケ師匠にバレないように東京湾から運んできた水を少し混ぜておきました。


どうか病気蔓延しますように!





嘘です。師匠、ごめんなさい。





さて、時間もいい頃合いです。


今日は『RED SEA MAX!』というブログをやっている楽々屋さんの家に水拝に行きます。


早速師匠のキャデラックに乗り込み楽々屋邸へと向かいます。


到着すると楽々屋さんがお出迎え。

どうも昨日ぶりです。


ズカズカ家に上がりこむと、


IMG_4690_R.jpg


IMG_4707_R.jpg


なんとファンタジー。




男のロマンです。


隅から隅まで趣味で固められた秘密基地のような一室がありました。


水槽は勿論の事、

PCやオーディオ。


CDラックにはまるでTSUTAYAのようにアルファベット順並べられたCDがビッチリ並んでいます。


なんて羨ましい。


ここで水槽を見ながら誰にも邪魔されることなく寛ぐって訳ですね。



なんて羨ましいんだ!



壁に設置されたドーシングポンプはLEDで七色に光り輝いています。


まるでディズニーラ◯ドです。


ドーシングポンプを光らせる意味は分かりませんが、男のロマンはビシビシ伝わってきます。


肝心の水槽ですが、


色んな水槽が綺麗に並んでおり、

それぞれジャンルが違います。

メインのREDSEAMAX水槽には美しいサンゴ達と、

これまた美しいケントロピーゲが目に鮮やかです。


そして小型水槽の一本にはパープルのボロカサゴが。

これで生きてるってんだから不思議な生き物です。


そこで師匠がリクエストします。

「餌やってや。」

快く受けた楽々屋さんはおもむろに網を手にするとボロカサゴ水槽の上部に連結された小型オーバーフロー水槽の中にいるデバスズメを追いかけ回します。






え?








その中の1匹を捕まえるとボロカサゴ水槽にぽちゃり。








えぇぇぇー!?








「餌やねん。デバスズメw」












酷い…





酷すぎる…






それまで動かなかったボロカサゴはクルリと身を翻すとデバスズメを凝視しています。




デバスズメには海藻にしか見えないのでしょうか。



ジワジワとボロカサゴに近づいて行くと









バクッ!







一瞬でスカイブルーに輝くデバスズメは姿を消しました。







どうやら関西ではデバスズメは観賞魚ではなく生き餌のようです。





文化の違いですかね。




デバスズメ愛好家の皆様。

決してボロカサゴと一緒にデバスズメを飼ってはいけませんよ。





楽々屋のリクエストで小型水槽の自作ライトスタンドの写真を撮りました。

IMG_4706_R.jpg


売り物かと思うほどのクオリティー。


なんでもジュン・コーポレーションの社長さんに見せるのだとか。



製品化間違いなしな気がします。



楽々屋さんの水拝を終えるとお昼時です。



楽々屋さんのお勧めのお店にご飯を食べに行くことに。



なんでもその店があるのは新世界に続きディープ大阪の代名詞だとか。



その名も


十三。


じゅうさん

じゃないそうです。


じゅうそう

って言うそうです。


地名からして変態です。


しかもションベン横丁なるもの場所には

如何わしいお店が沢山有るらしく、

お昼ご飯と言いつつデザートにチョメチョメが付いてくるのではと期待に胸も◯◯◯も膨れます。


師匠のベントレーに乗り込んだ一行は十三に向けて走り出します。



途中、見慣れたオブジェを発見。


20世紀少年に出てきたあの塔です。

IMG_4727_R.jpg


万博ですね。



見たかったですが、今回はディープ大阪ツアーなので主要観光地は一切禁止です。

コロッケ師匠からは

「USJやら海遊館なんて大阪やあらへん。このツアーこそ大阪の真髄や。」


と言われているので黙って従います。



楽々屋さんは

「大阪に来て新世界と十三を見に行ったら完璧ですわ。」

と言われたので無理やり納得することにしました。



そんなこんなで十三に到着しますと、


おーーー

イチャイチャパラダイスの匂いがプンプンします。


そしてお目当てのネギ焼き屋さんに到着。




お客さんでいっぱいです。

さすが楽々屋さんのオススメ店。


事前に注文してあったので、並んで中に入ると直ぐに出てきました。

見た目はお好み焼きソックリです。

IMG_4741_R.jpg


でもソースじゃなくて醤油とレモン汁がかけられています。

お好み焼きに醤油…


初体験です。


しかもレモン汁。


味の想像が全く出来ません。





一口パックンちょ









う、





う、




美味い!



美味すぎる!




もう大阪に来て粉物しか食べてませんが、そんなの気にならないくらい美味い!



あっという間に1枚食べ切っちゃいました。


お代わりしたかったのですが、皆さん食べ終わりそうだったので我慢です。


しかし美味い…


これだってただ粉焼いただけなのに…


何故大阪は美味いんだ。


不思議です。




さあ、ネギ焼き屋を出た一行はあの、有名なショップに向かいます。


関東の方は通販で御用達。



アクアテイラーズ尼崎店です。




デカイ…


なんかフクロウとかまで売ってます。


水槽もズラーリ。



片っ端から覗き込んで行きます。



コロッケ師匠は早速店長さんと雑談中。


さすが全国ネットの有名人。


テイラーズの店員にまで声を掛けられるとは…


浪速のトムクルーズの名は伊達じゃありません。


楽々屋さんはサンゴ水槽を覗き込んでサンゴを物色しています。


再び師匠の所に戻ると、


「これ、メッチャ綺麗やで。」


師匠が目をキラキラさせています。


水槽に目をやると、眩いばかりのピンクの魚体。



スクリブルドアンティアスです。


ペアでは無いようですが、雌雄揃っています。


しかも、20%オフの文字が。



「コロッケ師匠、これ良いじゃないですか。買っちゃいましょうw」


悪魔の囁きを繰り出します。


「ええなぁ…これ、ええなぁ…買うてしまおうかなぁ。」


悩んでいます。


仕方ない。最後の一撃。



「コロッケ師匠、一期一会ですよ。」





5分後。


コロッケ師匠は袋を2つ満足そうに抱えています。


衝動買い万歳!



楽々屋さんはまだサンゴ水槽と睨めっこしてます。


「楽々屋さん。コロッケ師匠が衝動買いしましたよw」


状況報告をすると、楽々屋さんも店員さんを呼びます。


楽々屋さんもサンゴご購入です。






なんか


そんなに皆んなして楽しそうに買い物してたら




私だって欲しくなりますやん。



でも持って帰れません。



バスで8時間も魚抱えてる訳には行きませんから。



手ぶらの私をみてコロッケ師匠が


「たかすぃ~はん、手ぶらですやんw買い物しませんの??www」


最高に嫌らしい笑顔で最高にイヤらしく言ってきます。





水槽崩壊してしまえばいいのに!!







嘘です。師匠、ごめんなさい。





買い物を終えた一行は帰路に着きます。


本当は海坊主さんの所にも行きたかったのですが、次回にお見送りになりました。


さよなら海坊主さん…




帰りにちょっと寄り道してコロッケ師匠の大好物の豆大福を購入します。


大福を買って楽々屋さんとはお別れです。



最高に男気溢れる楽々屋さん。

またお会いしたいものです。



コロッケ師匠のBMWに乗り込むと、


間髪いれず大福を食べ出すコロッケ師匠。


どんだけ好きやねん。




一個貰いましたが食べて納得。


確かにこれは家まで我慢出来ない美味しさです。




家に戻るとコロッケ師匠は速攻で水合わせを始めます。



スクリブルドアンティアス。


IMG_5066_R.jpg

IMG_5083_R.jpg


今まであまり意識していなかったですが、


とんでもない魚です。


この個体が最大サイズなのもあるのでしょうが、

この色。



蛍光ピンクの絵の具ぶち撒けたみたいです。



メチャクチャ綺麗。



一瞬で物欲が沸き立ちます。



よってこの瞬間私のタンクにもハナダイ導入が決定しました。



絶対入れます。


マダラハナダイ複数飼育します。


結構本気です。





さて、長かったようで短いこの度も段々と終わりが近づいてきます。

水あわせの終わったハナダイは落ち着かない様子で水槽をうろうろしてますが、

私も帰らなければいけないと思うと落ち着きません。


最後の晩餐にはコロッケ師匠と師匠の奥様とカレーを食べに行くことに。





大阪まできて何故にカレーかって?

これは大阪に来て以来粉物しか食べていない私に気を使ってお二人が素敵なカレー屋さんを予約してくれたのでした。




なんて心遣い…

涙がちょちょぎれますわ。



予約の時間にカレー屋さんに着くと店の前からいい匂い。

一気にお腹が空いてきます。




中に入ると何やらインド人店員が沢山。

本格的です。


これでバーモントカレーだったら関西直伝の鬼ツッコミ入れます。



3人でヤンヤヤンヤと注文を決め注文します。


オーダーを取りに来たのは日本人の女の子でした。


「カレーセットとお姉ちゃんのパイパイ2つ!」


コロッケ師匠の変態オーダーが飛びます。


すかさず横から奥様のエグるようなボディブロー。

大袈裟に吹っ飛んだフリをしたコロッケ師匠は店員の女の子のパイパイに飛び込んで行きます。








嘘です。師匠、ごめんなさい。



暫くして料理が到着。

コロッケ夫妻オススメのタンドリーチキンから頂きます。



プリプリです。


よくあるバアさんの肉みたいなパサパサした安っぽいタンドリーチキンでは無く、


体育の授業後のプール上がりの女子高生の様なプリンプリンのタンドリーチキンです。





どうです?男性諸君。

これだけで食べたくなったでしょう??


男とはアホな生き物ですね。



いよいよカレーが到着です。

IMG_4920_R.jpg


それにお土産屋さんで売ってるテナントみたいな大きさのナンが到着。

コロッケ夫妻オススメのチーズナンとオニオンナンも到着です。
IMG_4918_R.jpg



え~っとね。


ナンはね。粉物じゃないんです。


粉物じゃないってことにしておきましょう。



大阪に来て粉物しか口にして居ない私に


気を利かせてカレー屋さんに連れてきて貰って居るのに結果、


粉物三昧だなんて口が裂けても言えません。



この事は墓場まで持っていくつもりです。




それはさておき。




美味いです。


もうそれしか言ってませんが、美味いです。



私は不味かったら正直に不味いですと店内に響き渡る大声で言ってしまうくらい正直なので安心してください。


私が美味しいと言った店は間違いなく美味しいです。




「これ、重たいから一枚でいいわ。あとはたかすぃ~はんが食べや。」


そう言ってコロッケ師匠がチーズナンをバケットごと差し出して来ました。


「食いきれへんかもなぁ。無理に食べんでもええで?」


コロッケ師匠の心配をよそに奥様が言います。


「若いんやから一緒にしたらあかんわ。オッサンと比べてしもたら失礼やわ。ね?たかすぃ~さん。」

これで軽く食べ切ったらコロッケ師匠をオッサン扱いすることになってしまいます。


かと言って残すのも奥様の期待に添えず残念パターンです。




全部頂きました。


ペロリンチョです。


なんせ私、チーズ大好きですから。


レアチーズケーキに粉チーズ掛けて食べるのは日本で私一人だと自負しています。



満腹です。


久しぶりに限界まで食べました。








この後、コロッケ師匠の自宅に戻ってトイレから出られなくなったのはコロッケ夫妻には秘密です。


猛烈な腹痛。


完全に食べすぎです。


奥様が

「お腹の薬のむ?」

と心配してくれて居ましたが、それは飽くまで予防的に心配してくれていただけで、

現在進行形でお腹下しまくってるのがバレてた訳じゃないと信じています。


結果、食べた分丸々リセットしたんじゃないだろうかというくらい出して収束しました。



無理はするもんじゃありません。



魚も人間も餌のあげすぎは危険です。





お腹が落ちついてからはコロッケ師匠に頼まれ水槽の写真撮影です。

IMG_4839_R.jpg
IMG_4779_R.jpg
IMG_4807_R.jpg
IMG_4785_R.jpg
IMG_4847_R.jpg
IMG_4855_R.jpg
IMG_4860_R.jpg
IMG_4865_R.jpg



ある程度納得の行く写真を撮り、コロッケ師匠のパソコンに落としてあげました。


コロッケ師匠も奥様も感動して頂けたようで満足です。


コロッケ師匠のブログを見ていて、


いつもより綺麗

だったり、

なんか素敵な写真だなぁ


って思ったら、

それは間違いなく私が撮った写真なので間違ってもコロッケ師匠を褒めては駄目です。




いよいよ時間も迫ってきました。


最後の最後のに3人で少し人生についてお話ししました。


やはり御二方とも人生の先輩です。

背中を押して頂けた気がします。

奥様スエット姿で寝転がるコロッケ師匠を指しながら


「この人だって大丈夫なんだから、たかすぃ~さんだったら絶対大丈夫やで!」

って言ってもらえて本当に勇気が出ました。





嘘です。師匠、ごめんなさい。





楽しい時間はあっという間です。



お別れの時間です。




アホみたいな寒さの中、高速のバス停まで見送りに付いてきてくれました。



コロッケ夫妻はヘッドライトが近づいて来るたびに



「きたで!あれや!あれバスやろ!」

「あれか!あれやろ!バスや!」



と騒いでいますが、


見事に全部トラックです。

はしゃぎ過ぎです。





やがて本当にバスが到着したので、荷物を添乗員に渡します。





向き直るとコロッケ夫妻が並んで立っています。






本当はバスなんて来なければ良いと思って居ました。



本当は帰りのバス券無くしたことにしようかと思っていました。


行きも

家について連絡した時も




バスではよく寝れました


なんて言ってましたが嘘です。



行きは楽しみでウキウキして殆ど寝られませんでした。




帰りは悲しくて寂しくて殆ど寝られませんでした。




コロッケ夫妻に歩み寄り感謝の念を伝えて握手をします。


失礼ながらさっさと終わらせました。


あれ以上は涙を我慢出来なかったと思います。


夜行バスでカーテンが閉まっていてよかったと思いました。


窓の外に立つ2人の姿を見たら飛び出して行ってしまったと思います。


振り返らなかったのではありません。


振り返れなかったのです。







あの日から10日が経ちました。


今でもワンシーンワンシーン


交わした言葉の一字一句


昨日の事のように思い出せます。



大阪で出会えた皆様。

本当に暖かかった。


良くテレビで関東人と関西人の違いなんてやってますが、


私は体感しました。


あんなにも優しくてフレンドリーな人間性を持った人達ばかりが居る場所があるなんて。



東京近郊に住んでる私ですら都心の人達は冷たいと感じます。


他人に無関心なのでしょう。


私は一瞬で関西の魅力に取り付かれて居ました。


隣の芝は青く見えるなんて言いますが、

これはそうではありません。


本当に良い場所なのです。


それはアクアだって発展する筈です。



今回の旅で私が得たのはアクアの情報や知識だけではありませんでした。


寧ろそれ以外の事の方が多かったのではないでしょうか。


一生です。



私はこの旅、


それにこの旅で出会えて優しくして貰えた全ての方々を一生忘れません。


そして他の誰よりも、


初対面の私に宿まで提供してくれたコロッケ師匠、奥様。


本当にありがとうございました。



私は必ずまた関西に足を向けます。


願わくば皆様にお会い出来ますように。















ぶっちゃけちょっと泣いた方、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

人妻イチャイチャパラダイス~私のアワビも食べてって編~

comment iconコメント

comment avater

ゆでタコ

それにしても写真めちゃくちゃ綺麗ですね!
コロッケさんの魚が綺麗やからですか?
それとも写真の撮り方が上手いからですか?

どちら共ですね。(笑)
天才や~

2014年12月23日 05:31

comment avater

小熊パパ

はじめまして
かんたん槽(NK3000)でチリメンヤッコ2,000匹飼育してます小熊パパと申します。
濾材はもちろんハイブリッドボールです。

人妻イチャイチャパラダイス読ませて頂きました。
新世界に十三、セレブな雰囲気ムンムンで楽しそうなところですね。
セレブな私も行ってみたいです。

それにしてもコロッケさんという方は水槽も人間性も神レベルに素晴らしいですね。
読んでる私もファンになりました。
まさに現代の孔子と呼んでもいいのではないでしょうか?

近い将来、日本いや世界いや宇宙を背負って立つアクアリストとなる事は間違いありません。

では今からチリメンヤッコ買いに行きますので失礼します。

もう私は二度と来ません。

さようなら

2014年12月23日 11:34

comment avater

楽々屋

まいどおおきに~。
うちの家の水槽。一番小さいやつしか写ってませんやん。(涙

今度、大阪にきたときは、「イカ焼き」と「明石焼き」と「ちょぼ焼き」をごちそうしますね。

2014年12月23日 11:46

comment avater

お宮のたかすぃ〜

Re: ゆでタコさん

間違いなく写真の撮り方です(笑)


あとね、ゆでタコさん。

水槽面に苔が生えてないと写真が綺麗に撮れますよ(笑)


しかし、思い出す度にもう一度ゆでタコさんの水槽を見たくなります…


大阪行きたいですわー!



>それにしても写真めちゃくちゃ綺麗ですね!
>コロッケさんの魚が綺麗やからですか?
>それとも写真の撮り方が上手いからですか?
>
>どちら共ですね。(笑)
天才や~

2014年12月23日 12:03

comment avater

お宮のたかすぃ〜

Re: 小熊パパさん

はじめまして。

凄いですね。あのシステムでチリメンヤッコ2000匹ですか。

余程、飼育技術が優れているか、

余程、アホかのどちらかですね。

まぁ間違いなく後者だとは思いますが。




セレブな小熊パパさんは関西には足を踏み入れなあほうが得策かと思います。

新世界も十三もセレブとは程遠い場所です故。

セレブが好きなのであれば東京は六本木が田園調布でも行ってきたらいいと思います。

ザギンでシースー(銀座で寿司)もセレブな立ち回りの一つです。



コロッケ師匠は出来た人間です。

その点に関しては同感です。


孔子は少し言い過ぎです。


しかし今後、マリンアクア界のチェ・ゲバラと呼ばれる日は近いかと思います。


まだチリメンヤッコを増やすのですか。

そうですか。

少し頭の方に栄養回すためにチリメンジャコ食べた方がいいのでは無いでしょうか。


二度と来ないでください。

さようなら。



>はじめまして
>かんたん槽(NK3000)でチリメンヤッコ2,000匹飼育してます小熊パパと申します。
>濾材はもちろんハイブリッドボールです。
>
>人妻イチャイチャパラダイス読ませて頂きました。
>新世界に十三、セレブな雰囲気ムンムンで楽しそうなところですね。
>セレブな私も行ってみたいです。
>
>それにしてもコロッケさんという方は水槽も人間性も神レベルに素晴らしいですね。
>読んでる私もファンになりました。
>まさに現代の孔子と呼んでもいいのではないでしょうか?
>
>近い将来、日本いや世界いや宇宙を背負って立つアクアリストとなる事は間違いありません。
>
>では今からチリメンヤッコ買いに行きますので失礼します。
>
>もう私は二度と来ません。

さようなら

2014年12月23日 12:39

comment avater

お宮のたかすぃ〜

Re: 楽々屋さん

まいどです!

そうなんですよ!

スタンド撮るのに必死で他の水槽写真撮るの忘れました(笑)

次回はちょっと本格的に撮るので水槽バッチリにして待っていてください!


あれから関東帰ってきて飯が不味くてしかたありません。

不味いは言い過ぎかもしれませんが、味気ないですわ。


大阪の味が恋しいです。


新年会…いつですか?(笑)

2014年12月23日 12:41

comment avater

海坊主

濃いブログですねー。UG関東支部設立おめでとうございます!
次回は大人の大阪の夜の街へご招待します!
信太山新地からスタート!

2014年12月23日 14:48

comment avater

Tadasi

いやいや、3部作しっかり読ませていただきましたよ~。
それにしても、たかすぃ~さんは文章が巧みっすね。
あちらこちらに工夫が散りばめられていて、
結局、コロッケさんの愛車はなんなのか
ビミョーに気になりましたよ^^;
それにしても、初大阪で新世界と十三って…。
もう次は海遊館くらいしか行くとこないっすよ。

2014年12月23日 17:43

comment avater

うずまき

はじめまし

はじめまして
海水魚ビギナー うずまき と申します。

大阪旅行記 楽しく拝読させていただきました。

1人でひっそり、家族の視線に耐えながら海水魚馬鹿を営んでる身として、一緒に旅行を楽しんでる気分にさせていただきました。

いや〜なかなかの文才ですね^_^

またお邪魔させていただきます。

2014年12月24日 00:40

comment avater

たーー坊

いい旅行でしたね〜

人情溢れるいい旅行でしたね〜
実は私も関西人でして、(ただ、人生の半分ぐらいしか暮らしていませんが)
あの人懐っこいおせっかいさは、すごいと思うます。
ただ、たかすぃーさんからも、同じ匂いがしたんでしょうね。
だから、初対面であれだけうちとけられたんでしょう。
良かったですね!

2014年12月24日 09:15

comment avater

あずき

たかすぃ~さんは大阪の方があってるんじゃないですか~。アクアスター近辺に引っ越しされては?他のコメントにもありましたがコロッケさんの愛車が何なのか確かにわかりませんでした(笑)。

2014年12月24日 20:39

comment avater

赤ん坊

たかすぃ〜さん
はじめてコメントさせていただきます。
素晴らしい発想力と文章力に引き込まれてしまいました。
新年会でお会いできるのを楽しみにしてます。

なんと2000人目の来場者いただきました(笑)

2014年12月26日 11:58

comment avater

たーー坊

読み応えありました

読み応えのある3部作でした、お疲れ様でした。
これだけ充実感のある旅は、なかなか体験できません。羨ましい限りです。
ところで、お宅のお魚は、留守の間、大丈夫でしたか?

2014年12月29日 05:25

comment avater

星美

たかすぃーさん、ごぶさたしています(´∀`)
今年もどうぞよろしくお願いします(^^)v

とても濃い内容で、読んでいてめっちゃ楽しかったです(*´艸`*)♪
タイトルからは想像できない内容でしたよ(笑)

コロッケにーはんは、やはり凄いお方ですね(´∀`)

アクア仲間のつながりは最高に素敵ですね(^^)v
私もいつか、ご一緒してみたいもんです^^

2015年01月11日 15:14

comment avater

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015年03月10日 01:15

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。